One Control PIT HOOKの使い方 ~PH-MX編~

いや~、発売からこんなにたってから紹介するとは思いませんでした。

遅れてすいません、ワンコンのカワムラです。

この一ヶ月、いろんな事がありましたね。

ただ少しづつ、空気は復興へ向かっている感じがします。

是非ともこの空気をさらなるうねりにかえることができるように

今後も小さな事から実行していきたいとおもいます。

 

さて!

 

そんなこんなで、こんな商品を発売してみました!

売れ行きも好評で、もはや説明はいらないんじゃないかと思いますが、

写真を撮ったので、せっかくなので丁寧に説明させていただきます。

まずはPH-MX。

まずは商品のこの部分、小さくなっているところを切ります。

MXRタイプの商品であれば別に切らなくても大丈夫ですが、

外側の枠の部分だけで、十分な接着力があります。

はい、こうなりますよね。

中の部分は、このままミニケースなどにも使えますので取っておきましょう。

裏の台紙をはがします。結構な粘着力なんで

まわりにくっつかないように注意しましょう。

はい、そしたらこのようにゆっくりと合わせていきます。

 

そしたらこんな感じになりました!

どうでしょうか?簡単ですよね?

さらにミニケースの場合は・・・

はい、こんな感じになります。

意外に、マジックテープを成形するのって

大変だったりしますよね。

これでもう手軽にボードにエフェクターを

固定できるんじゃないでしょうか?

次回はPH-BIを取り上げたいと思います!