ブラックフェイスサウンドを再現!One Controlの人気AIAB、Sonic Blue Twangerを西川進さんが使用中!

ギタリスト、作曲、編曲、プロデューサーとして活躍される西川進さんがOne Control Sonic Blue Twangerをご使用いただいています!

ご本人のブログでもご紹介いただきました!

ディストーションサウンドを得意とするHIWATT DR-103アンプでのクリーンカッティング。

コンプを使えばそこそこ良い感じにはなりますが、、、
フェンダーのアンプを使った、あのクリーンの感じは出ないです、、、。



じゃあ、、、フェンダーのアンプを使えばいいじゃん、、、と言う話しですが、、、



過去に、フェンダーのアンプも併用して使っていた頃がありましたが、、、
実際は、、、なかなか理想のサウンドにならないのです、、、。

という西川さん。そこでSBTをご使用いただきました。

HIWATTの太さも残しながら、
爽やかなクリーンカッティングの音も出せる、、、

理想のエフェクターです、、、。

本当にありがたいです。

「感情直結型ギタリスト」の名の元、 
独創的かつ存在感のあるギタープレイで 
「西川進」という独自のジャンルを築き上げている。 
作曲・編曲・サウンドプロデュースにも高い評価があり、 
レコーディングやライブともに 
各方面から常に絶大なる支持を受けている。 
バンドやソロ活動、さらには新人の才能育成にも精力的で 
次世代からの注目度も高い。

西川進さん、ありがとうございました!