DEAD ENDのYOUさんからOne Controlの限定モデル、LBODとCBOD、そしてOne Control × Zephyren Zephyren Plexifierのレビューをいただきました!

DEAD ENDYOUさんから、さらにOne Controlペダルのレビューをいただきました!
DEAD ENDのギタリストとして活躍される足立祐二ことYOUさん。今回も熱いです!公式ブログも必見!

 

One Control Zephyren Plexifier

このZephyren Plexifierは、最近、入手した所なんだけど、
発売当初から、音を出すのを物凄く楽しみにしていた。
 
ルックス的にも、インパクト大なんだけど、
早速、クリーン・チャンネルで鳴らす事に。
 
実際、音を鳴らして驚くのは、そのバランスの良さ。
 
ヴィンテージプレキシアンプのサウンドを作るとの事なんだけど、
実際のヴィンテージプレキシより、ずっと使いやすい。
 
自分も、物凄く古いプレキシを所有してるんだけど、
実機は、その個性的なサウンド故、物凄く音楽を選ぶと言うか、
扱いにくさも一級品なんだけど、このPlexifierは、とにかく扱いやすい。
 
巻き弦を弾いた時のレスポンスも、とても早いし、
ローエンドのタイトさも特筆すべき点なんだけど、
耳につく帯域も無いので、とても、音作りし易いね。
 
実際のヴィンテージプレキシアンプの多くは、
トーンのツマミも、思ったより効かない事が多いんだけど、
このPlexifierは、自分の好きなアンプのクリーン・チャンネルを使って鳴らせるので、
実機の様な扱いにくさも皆無。
 
あと、歪みの幅も、とても広く、
軽くオーバードライブさせたサウンドから、
ハードでエッジーなディストーションサウンドまで、簡単に出せるのが特徴。
 
DISTのツマミを右に回してハードに歪ませても、決してタイトさは失われないし、
TREBLEのツマミで、エッジをコントロール出来るので、
色んなタイプのピックアップに対応出来ると思うよ。
 
あと、本体のサイドに、Midrangeトリムポットを搭載してるんだけど、
このトリムで、随分、印象が変化するんだよね。
単純に右に回していくと、ファットになっていくんだけど、
左に回していくと、ミドルがカットされたモダンなサウンドになるのが特徴。
個人的には、12時くらいが、バッキング、リード共に好みだったんだけど、
このトリムで、想像以上に色んな音楽に対応出来ると思うし、
シングルコイルでも、ハムバッキングでも、本当にカッコいいサウンド。
 
あと、直列で、色んなドライブペダルと一緒に鳴らしてみたんだけど、
一番カッコいいって思ったのは、このZephyren Plexifierのみで鳴らした時のサウンド。
 
余計な味付けは、必要無いみたい。
 
ルックスもカッコいいけど、
実際に音を出したら、もっとカッコいいよっ!
 
YOU
 

One Control Lingonberry OverDrive

これも、Plexifierと同じ時期に入手した物なんだけど、個人的に、Strawberry Red Over Driveを使っているので、
このLingonberry OverDriveは、発売当初から、一度、鳴らしてみたいと思っていた。
 
Strawberry Red Over Driveより、歪む様にはなってるんだけど、
所謂、ディストーションの歪み方とは全然違う。
 
ゲインは高めであっても、ディストーションのコンプレッションの仕方とは全然違うので、
個人的には、良く歪むオーバードライブ的な位置づけ。
 
実際、Anodized Brown Distortionとも比較してみたんだけど、やはり、歪み、そのものの質感が違うし、
ディストーションにありがちな線の細さも感じない。
それに、TREBLEのツマミも、とても使いやすく、Lingonberry OverDrive自体で、割とドライブさせたとしても、
マイルドな歪みから、シャープな歪みまで、このTREBLEのツマミで簡単に作り出す事が可能。
本体のサイドに、Low Cutトリムポットも搭載されてるんだけど、このトリムのお陰で
どんなアンプ、どんなセッティングでも、ブーミーになる事は無い
し、セッティング次第で、トレブルの聞こえ方まで変化する。
パワーのあるピックアップで鳴らす場合、ドライブペダル自体の 音が太過ぎても、
所謂、 ヌケの良く無いサウンドになって、ローエンドが潰れたりしちなんだけど、
このLow Cutトリムポットのお陰で、色んなタイプのピックアップに対応出来ると思うし、
ハイパワーなピックアップで鳴らす時も、きっと、気に入るポイントが見つかると思うよ。
ゲインの高いオーバードライブを探してるけど、パンチがあってダイレクト感も欲しいってプレイヤーには最適じゃ無いかな。
YOU

One Control Cranberry OverDrive

これは、Strawberry Red Over Driveのゲインを低くしたモデルらしいんだけど、
本家のStrawberry Red Over Driveと徹底比較してみる事に。
 
このCranberry OverDriveをStrawberry Red Over Driveと直列に繋いで比較してみたんだけど、
質感は似ているが、やはり、歪みそのものの印象が違う。
 
このCranberry OverDriveの方が、ファットで太い印象なんだけど、
ゲイン自体は、それ程高く無いにも関わらず、ローエンドの 厚みが想像以上にあるんだよね。
 
あと、ゲインが低い分、ギター側のボリュームの反応も早いんだけど、
クリーンチャンネルで鳴らした場合、ギター側のボリュームを下げると、
キレイなクリーンサウンドになるので、ギターを弾きながら歌うボーカリストなんかにも、凄く使いやすいと思う。
 
このCranberry OverDriveも、本体サイドに、Low Cutトリムポットが搭載されてるんだけど、
そんなにゲインは高く無いし、単体で鳴らす時は、トリムでカットしなくても、ローエンドは潰れにくいので、
バッキングでもソロでも、物凄く使いやすいんだよね。
ゲインが低いと、どうしてもブルージーなトーンを想像しがちだけど、
これは、ミドルに変なピークも無いし、クリーン、リード、どちらのチャンネルでも、バッチリだったよっ!
YOU

細部まで丁寧にお試しいただいています。是非、使い方などご参考にしてみて下さい!

YOUさん、ありがとうございました!