One Control Rebel Red Distortion、実は”JC対策”にもなります!

数あるBJFEの名機の中でも、特に人気の高いペダルの1つ、”DRD”ことDyna Red Distortion。One Control Rebel Red Distortionは、そんなDRDにBJF本人がモディファイを施したバージョンです。

ディストーションという名前に騙されてはいけません。じつはクランチからオーバードライブもこなせるペダルです。このペダルの最大の特徴は、高い分離感のあるサウンド。常に暖かな真空管のトーンを意識させ、パワーチューブが飽和した時の独特のビリっとしたエッジの立ち方をします。

それでいてギターのVolumeを下げればそのままゲインがスッと下がる様はまさに真空管アンプそのもの。一方、一度Driveを上げて思いっきりプレイすればパワフルなディストーションサウンドがいとも簡単に作ることができます。

この特性と、通常のDRDよりも暖かなトーンにモディファイされたRRDは、真空管アンプとの組み合わせはもちろん、実はJC対策としても優秀です。

RRDは、そもそもフェンダーアンプなどのクリーンでブライトなアンプに合うように制作されたDRDが元になっていますので、同様の特性を持つJCとの相性がよく、さらにその真空管らしい特性が合わさり、トランジスタアンプでも上質なチューブアンプを鳴らしたような存在感のあるサウンドとなります。

 

ギタリストをその気にさせる音。それがどんなエフェクターであっても、最も重要なのはそこではないでしょうか。
なぜか良いリフが浮かぶエフェクター、リードを弾いていて気持ちの良いエフェクター……使い勝手や機能性よりも、感情を揺さぶるような音が出るペダルであることほどエフェクターに求めるものはありません。

時代、場所を問わず、名機と呼ばれるエフェクターには必ず、ギタリストがその気になるサウンドが眠っています。

BJFE Dyna Red Dist.というペダルがあります。2001年に発売されたこのペダルはクランチ的なローゲインからヘヴィでザクザクとした音色までを作ることのできるミドルゲインのディストーションペダルです。ただ幅広く音を作ることができるだけではなく、特に大音量で音を出したときの、心揺さぶられるようなサウンドは世界的に人気となり、伝説的なディストーションペダルの1つとして知られています。

One Control Rebel Red Distortionは、BJFの制作した名機、Dyna Red Dist.のカスタムバージョンです。
もともとはブライトなアンプとブリッジポジションのシングルコイルに合わせてカスタムされたRebel Red Distortionのサウンドは、オリジナルモデルの持つ絶妙な音色特性を維持しながら、さらに現代的で分厚いサウンドへと進化を遂げていました。

BJFのファンであれば、Rebel Red Distortionの音を出した瞬間ニヤリとすることでしょう。独特のダークさを持つヨーロピアンテイストなサウンド。しかし、ダークなのに埋もれない、クリアで存在感すらある音は、まさにBJFマジック。分厚く、ギターのエネルギーが爆発するようなサウンドです。

ハムバッカーピックアップをはじめとする高出力なピックアップを使用し、レガートを多用するような現代的なハイゲインシーンにも最適。ロー~ミッドを中心とした音色は特にリードトーンに最適です。また、ミュートを駆使した刻みやよりローダウン、多弦ギターによるDjentなトーンにも勢いをつけます。

シングルコイルピックアップのギターなら、スタンダードなロックサウンドをいとも簡単に作り出します。まるでハムバッカーのようなパワーと迫力を作り出します。

Rebel Red Distortionも、Dyna Red Dist.同様、特に大音量でその本領を発揮します。さらにギター側のVolumeコントロールで自在にゲインのコントロールができることも、Rebel Red Distortionの大きな特徴です。
有機的で感情的。どこまでも表現力を求める歪み。それこそ“音楽的”なペダルではないでしょうか。