ラフ画をお見せしてしまうことをお許しください。

少しでも私たちが何を考え、何を具現化したいのかをわかりやすくイメージして

いただくために掲載しました。今もデザインは少しづつ変わっています。

サンプル商品ができた後にすぐこの画は消します。

 

今回発売されるこの商品は、BJとのコラボ商品とはいえ、私にとって比較することのできない大先輩であり、憧憬の念を強く持っているBJ氏の意向をほぼそのまま受け入れています。

本当のことを言うと、少しだけ私にも主張がありましたが、おそらく彼の意向を

全て受け入れることのほうが、日本のカスタマーにとって有益だろうと考え、

今回は彼の主張を全て受け入れています。

 

しかしそのおかげで今回は私の仕事はシンプルに、そしてタイトな形に移行していきます。

ただ明確な道しるべをもらっていたので、力強く進むことができました。

 

今回は彼の掲げる目標を道標に、仕事は進行していきました。

何か?今後二十年のスタンダードとなるべきバッファの開発です。

今までのバッファとは概念が大きく異なります。

さらにその疑問すべてにBJが細かく解説しています。

 

 

 

今回のワンコントロールとしての私の仕事は、彼の考える音、イメージをいかに

商品に吹き込むか?この点だけでした。

部品調達、ケースデザイン、ケース調達、そして膨大なこの商品に対する説明の翻訳 など

彼の想いを日本のみなさんに届ける為に、今やれることはやり遂げたと感じています。

商品名は BJFバッファ。(ラフ画間違えてますね、すいません、すぐ消します。)BJ氏が彼自身の名前を冠したこの商品は、

まさに彼の考えるバッファの概念を完全にカバーした世界で唯一の商品になります。

 

雄弁に語るにはまだ早い。皆さんには実際に実機を手にとっていただいた後で

BJは本当に鬼才なのか?答えはすぐにわかります。

 

 

そもそも今までのバッファとは何か?そしてギタリストの為のバッファとは何か?

今までのバッファとは何が違うのか?この全ての根源的な質問に

BJ氏が全て語ります。BJが商品はおろか自らの回路について

言及するインタビューはおそらくこれが初めてではないかと思われます。

少なくとも日本では初めてです。

ただしここから先はNAMMショウの後で、

発表いたしますね。それでは皆さん、NAMMでの発表を楽しみにしていてください。

See you at 1143 NAMM

あ、あとBJF加入に伴い、ワンコントロールでこの度新発売になりますChamaeleo Loopの初回ロットを

お買い求めいただいたお客様にささやかなプレゼントがございます。

詳しくは買っていただいた後でご確認ください。

 

 

それではしばし、NAMMまで合宿的な集中作業に入ります。

 

今年一年、本当にありがとうございました!