煩わしさを解消!

One Control Cable Hanger

ケーブルハンガー

 

机の後ろにぶらさがり、地を這い、とぐろを巻き、貴重なスペースを占有する煩わしい存在。

様々な機材が増えていけば増えていくほど、そして機材1つの機能が高まっていくほどに、機材のネットワークが拡大し、それにともなって必要となり、とめどなく増えていく各種さまざまなケーブルは、もはや笑い事ではありません。

 

One Controlは、そんな煩わしさを解消すべく、各種さまざまなケーブルをまとめて保管し、さらに場所の節約にも使えるケーブルハンガーを発売します!

 

このケーブルハンガーは、たった1つに19のフックを持ち、100本近くのケーブル(※)を一挙にまとめることのできる、とても便利なツールです。

壁や机の縁など、どんな場所にでも簡単にネジ留めして使えるハンガーです。

 

サイズ:32×5.5×6.5cm

重量:420g

 

 

●パッチケーブルやDCケーブルの整理に

エフェクトボードを組み込んでいるとき、パッチケーブルの長さが足りない、たしかもっと長いケーブルがあったはず・・・あちこち探してようやくケーブルを見つけたのが1時間後。ケーブルハンガーがあれば、こんなトラブルはありません。ケーブルハンガーのケーブルフックは十分な長さがあり、1つにまとめて数本のケーブルを掛けておくことができるので、お手持ちのパッチケーブルやDCケーブルを、長さを合わせて分けておき、必要なときにはすぐに取り出すことができます。

 

●様々な端子を一目で見分けられる

このケーブルハンガーは、多くのギターケーブルやマイクケーブル等の太さにも対応しています。これらのケーブルは、端子部でハンガーに引っかける形となるため、ギター用のケーブルやマイク用のケーブル、USBケーブルやスピーカーケーブル、電源ケーブルなど、様々な端子のケーブルも一目で見分けることができます。

 

●パソコン裏の整理にも

オーディオインターフェイスやMIDIキーボード、ギター用マルチエフェクター等、PCと楽器を接続する機会が増えています。また、ラップトップが一般的になっている昨今、外付けのHDDやSSD、デジタルカメラの接続、デスクトップモニタなどさまざまな機器が接続され、机の後ろはケーブルまみれということもあります。

新しい機材を接続しようとしたり、特定の機材を取り外す際、いったいどのケーブルが何なのかわからなくなってしまうこともよくあります。

ケーブルハンガーを使えば、そんなごちゃごちゃしたケーブルをすっきりと整理してまとめることができます。

 

※お使いになるケーブルの太さや端子の形状により、掛けられるケーブルの本数は異なります。

 

 

定価:¥2,380-(税抜)

 

詳細は(株)LEP INTERNATIONALのHPへ