OC10のMIDI機能を大幅に強化

One Control Croc Eye

One Control Croc Eyeは、10ループのプログラマブルスイッチャー、One Control Crocodile Tail Loop OC10と接続することにより、OC10のMIDI機能を大幅に強化させるアタッチメントです。

付属のケーブルを使用し、OC10のLINK端子と接続するだけで動作するため、電源も不要です。


OC10は、プリセット1つにつきMIDIチャンネル0のプログラムチェンジメッセージを1つ送信することができますが、Croc Eyeを使用すると、それに加えて16のMIDIプログラムチェンジメッセージ、および16のMIDIコントロールチェンジメッセージの送信が可能です。

外部MIDI機器によりOC10のプリセットを呼び出すことも出来るため、MIDIコントロールの拡張や、ループの切替えをまとめて行うことができます。


また、Croc Eyeはプリセット1つにつき3文字までのプリセットネームを設定可能。OC10のプリセットに合わせ、現在の設定を一目で分かりやすくするプリセットネームを表示させることができます。この機能はMIDI機器と接続せずとも使用可能なため、外部拡張ディスプレイのように使うこともできます。


※Croc Eyeを使用中は、2台のOC10をリンクさせることはできません。


●特徴

・OC10のMIDI機能を大きく拡張するアタッチメント

・最大16のプログラムチェンジメッセージと16のコントロールチェンジメッセージを送信可能

・送信するメッセージはMIDIチャンネルごとに設定可能

・プリセットごとに3文字までのプリセットネームを設定可能

・Croc Eyeの駆動には電源不要

・コンパクト(39×94×35mm)、軽量(100g)


●使い方の例

OC10本体には7台のコンパクトエフェクターを接続し、3つのセパレートループはアンプなどのスイッチングに使用。アンプのエフェクトループに接続した3つのMIDI対応エフェクターはMIDI経由で各種設定やON/OFFなどをコントロールしています。


このように、Croc Eyeを使うと、OC10本体のエフェクトループに接続していないMIDI対応機器であっても、様々な制御を同時に行うことができます。もちろんMIDI対応エフェクターのON/OFFはOC10のループで操作し、その他のコントロールやセッティングをMIDIのみで行ったり、MIDIコントロール対応のアンプの制御を行うこともできます。


●スペシフィケーション

・サイズ:39×94×35mm

・重量:100g

・電源:LINKケーブルから供給(POL)

・消費電流:最大50mA

 

定価:¥13,000-(税抜)

 

詳細は(株)LEP INTERNATIONALのHPへ