答えはこの箱の中に。

Hooker's Green Bass Machine

ワンコントロール初めてのベース用エフェクトペダルは、難産を極めました。

当初予想していた開発期間は大幅にずれ込み、

開発を断念すべきか、というところまで我々は追い詰められました。


しかしBJFはじめ周りの方からの様々な形での助言、フィードバックを

得て無事に完成の運びとなりました。


今回の一番のチューニングポイントは

ギタリストとベーシストの感覚の違いです。


ギタリストとベーシストが音の追求をすることとは、

根源は同じとて、そのプロセスが違います。

その想像力を汲み取る事が私たちにとって最大の難関でした。


今回のペダルはベーシストが感覚に基づいたまま

頭に描いた音を直感的に作ることができます。


諦めない頭脳が最終プロトタイプを組み込ませたとき、

私たちは、得がたい経験をしたということをはっきりと感じました。


このペダルはワンコントロールにとって記念碑であり、

ターニングポイントともなる重要なペダルです。


想像上のトーンがこのペダルの中にあります。


ベーシストにとって“歪みエフェクター”とは何でしょうか。プレイスタイルやジャンルによってもちろん考え方の違いはありますが、ベース用の歪みエフェクター、特にオーバードライブペダルは、アンプシミュレーター/プリアンプ、またはオンボードアクティブプリアンプの延長と考えられています。

アンプ側とベース側、両方のプリアンプの機能を満たすことを考えると、ノブや端子の数が膨らんでベース用のオーバードライブペダルはどうしても多機能化、大型化してしまいます。

特に近年、ベーシストのペダルボードは大きくなっています。歪みだけでなく、様々なエフェクトをベースに用い、楽曲に彩りを加えることはとても効果的です。そうなれば、ベースオーバードライブにもギターと同様のフットワークの軽さが必要になります。


One Control Hooker's Green Bass Machineは、ベーシストが求めるベースアンプの特性、音色だけでなく深みのあるフィーリングまでを小さな筐体に収めました。

ベースチューブアンプはオールドスクールなロックサウンドには欠かせません。チューブアンプならではのコントローラブルな音色、フィーリングは代えがたい魅力があります。

また、古いSUNNのベーストランジスタアンプなどは、モダンベースアンプでは作ることのできないハイレベルな歪みを持ち、多くのプロベーシストが絶対に手放そうとしません。

Hooker's Green Bass Machineは、多くのライブハウスやスタジオなどで使われている、モダンなベーストランジスタアンプを使い、ベースチューブアンプやオールドトランジスタアンプの持つ音やフィーリングを得られます。そのままHooker's Green Bass MachineをOFFにすれば、もちろんモダントランジスタアンプの音になります。

現代のベーシストが実践で最も触れる機会の多いモダンベーストランジスタアンプと、この小さなHooker's Green Bass Machineを組み合わせれば、多くのベーシストが求めるベースアンプサウンドが網羅できるのです。


Hooker's Green Bass Machineはベースチューブアンプに匹敵する広いダイナミクスレンジで、ベーシストの指先の表現を逃しません。クリーンと歪みのパーシャルな領域もスムースに移行し、強く歪めばオールドトランジスタアンプの華やかで安定したコンプレッションの音色となるため、意のままにベースを操ることができます。

指弾きならば絶妙なタッチを逃さず、ブルースやフュージョンからハードロック、メタルまで、グルーヴを的確に表現します。鋭くなりすぎないアタックと粒立ちの良さは、ピック弾きでの疾走感にもたつきを残しません。スラップをすれば、サムピングではパーカッシブな音の塊が飛び出し、プリングした音は安定して伸びます。

思いのままに歪みをコントロールできることは、余計な力を抜いた快適なプレイングへとつながります。


さらに多弦ベースを使用するヘヴィな楽曲には、サイドのLowトリムポットが力を発揮します。Hooker's Green Bass Machineは十分なローエンドを持っていますが、それでもローエンドが不足する際にはトリムポットを回してみてください。


Hooker's Green Bass MachineのTREBLEノブは、あえて調整幅を狭くし、微調整の効くよう設定しています。多くのライブハウスやスタジオに置かれているモダンなベースアンプには強力なEQが装備されており、基本となるベースサウンドはそこで作ります。ベースオーバードライブに必要なことは、アンプ側のEQでは調整しきれない感覚的な部分の微調整です。


多くのベース用エフェクトには、ブレンドやミックスというノブがありますが、Hooker's Green Bass Machineにはありません。歪み回路はダイナミクスレンジを狭めてしまうことがあり、これが“芯のない音”につながります。ファズや空間系エフェクトなどでは“サウンドバリエーション”としてブレンドが有効ですが、ベースオーバードライブに於けるブレンドはダイナミクスレンジの補足に過ぎません。Hooker's Green Bass Machineはベースシグナルを完全に扱えるダイナミックアンプリファー回路を搭載しているため、歪ませることで芯のない音色にはならず、ブレンドノブが不要なのです。そしてそれはペダルの小型化にもつながります。

Hooker's Green Bass Machineは、機能を削減したから小型化を実現したのではなく、最大限に音色にこだわって制作しても、このサイズで十分に収まるよう設計しているのです。


また、サウンドバリエーションとして、どうしてもブレンドが必要ならば、One Control Mosquite Blenderを使うことでどんなエフェクトにもブレンドノブを追加できます。


Hooker's Green Bass Machineにはバランスドアウトはありませんが、そのままミキシングボードへと接続し、DIペダルとして使えば活き活きとしたベースサウンドをラインで作ることができます。


●ギター用オーバードライブとして

Hooker's Green Bass Machineは、元々ベース用のオーバードライブとして設計されていますが、ギターでの使用も効果的です。

広いダイナミクスレンジはベースだけでなくギターの帯域も完全にカバーし、極上のコンプレッサーをかけたようなクリーンサウンドから、厚みのあるミディアムオーバードライブサウンドにまで対応します。ハイレスポンスで、ギターのVolumeコントロールで歪みを調整できる高い表現力は、多くのギター用オーバードライブを超えた境地であり、レスポンスだけを見れば、最上級のレスポンスを持つOne Control Strawberry Red OverdriveAnodized Brown Distortionと比べても全くひけをとりません。

Hooker's Green Bass Machineをギター用オーバードライブとして使うと、“BJFカラー”の強い、独特の立体感を持つダークなヨーロピアンテイストの音色となります。

多弦ベースにも対応する周波数レンジは、ギターのローダウンチューニングや7弦、8弦、9弦といったモダンな多弦ギターにも完全に対応できます。


●高電圧駆動

Hooker's Green Bass Machineは、18Vまでのアダプターを使用し、高電圧駆動 が可能です。駆動電圧を高くすると、ヘッドルームが広がり、表現力が高くな り、同時にゲインが下がります。

ベースソロやギターでご使用の場合は特に効果がありますが、バンドアンサン ブルやギターのバッキングリフ等では9V駆動の方が芯が強く感じられることもあります。

必要な音色に合わせ、駆動電圧を変えてみることも効果的です。


●Specification

インプットインピーダンス : 330K

アウトプットインピーダンス : 25K Max

駆動電圧 : 9V~18V

消費電流 : 12mA

S/N比 : -90dB

サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)

    47Wx100Dx48H mm(突起含む)

重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム) 

トゥルーバイパススイッチング

※電池は付属しません。

 


Hooker's Green Bass Machine(HGB)は、1950年代以降であればどんなジャンルにも使えるベースマシンだ。特にDRIVEをフルアップにした時のイメージはMotorheadのレミーのベースだ。

さらに、ギターとトランジスタアンプ、チューブアンプの両方でもテストしたが、どんなギターアンプ、ピックアップとも相性が良かった。裏技として使ってみても良いだろう。


───Bjorn Juhl

 

定価:¥17,500-(税抜)

 

詳細は(株)LEP INTERNATIONALのHPへ